二次元の向こうへ行きたい。

虹の向こう

美容

洗顔のコツ

更新日:

洗顔のやり方

洗顔のやり方は、基本的には「皮脂量が多いところから念入りに洗い、乾燥しやすいところはあとから手早く洗う」というのが原則です。皮脂量が多いところは「Tゾーン」といわれるおでこの下半分や鼻筋です。まずTゾーンから洗顔をスタートし、次に頬や顎、フェイスラインへと進めていきます。また、目元や口元などは皮膚が薄く、乾燥しやすい場所です。洗顔料を長い時間つけるとお肌の乾燥が進んでしまうので、この部分はなるべく手短に洗顔するようにします。最後はぬるま湯で、洗顔料が残らないように充分にすすぎを行います。洗顔が終わってそのままにしておくと、肌がどんどん乾燥してしまうので、洗顔後にはなるべく早めに化粧水や乳液、クリームなどで保湿することが大切です。

洗顔のコツ

洗顔のコツは、なるべく肌に刺激を与えないようにすることです。ほこりや化粧品、皮脂汚れなど、洗顔料は肌についた汚れを落とすために役立ってくれるものですが、その分、肌への刺激も少なからずあるものです。肌に洗顔料をつける時間をなるべく少なくすることは、肌を刺激から守り、肌トラブルを防ぐことにもつながります。
そのためにも、洗顔料をつける前に、水で顔を洗っておくことが大切です。こうすることで、肌についた汚れが落ちやすくなり、洗顔料を使う時間が少なくて済みます。
また顔を洗う際には、とにかく優しく洗うことが重要です。手でごしごしと肌をこすることは、肌を傷つける原因になります。洗顔料をしっかりと泡立てて、泡でやさしく肌をマッサージするように洗うのが洗顔のコツです。

-美容

Copyright© 虹の向こう , 2018 All Rights Reserved.